• いつから始めればいいの?
  • 歯並びが悪い現代の子供たち
  • 実際の症例

小児矯正歯科について

  • 小児矯正の治療法は?
  • 小児矯正の治療の流れ
  • 治療における親御さんの役割
  • 治療中・後のメンテナンスについて

お子様の歯並びを気遣うのはお父さんお母さんの仕事です

「子供の歯並びは早めに治療したほうがいい」
当サイトでは、子供の矯正歯科治療を推進しています。
矯正治療は、乱れた歯並びや噛み合わせを、歯を動かして正す方法です。成長段階にある子供は歯やあごの骨のコントロールがしやすく、成人と比べて早く治療を終えることができます。また無理なくスムーズに進められるため見た目も美しく整い、大人になってからするよりもはるかに自然で機能的な口元を手に入れることができます。

日本では虫歯への取り組みこそ進んでいましたが、矯正治療はネガティブな印象が強くあり、これまであまり一般的ではありませんでした。ですが欧米では、フィットネスで健康管理をするのと同じレベルでとらえられていました。小児分野もすでに一般的な位置づけであり「子供のうちに美しい歯にする」という意識が強かったのです。そして現在、ようやく日本でも少しずつその意識が浸透してきています。

当サイトをご覧のお父さん・お母さんは、「歯並びを治す」ということになじみが薄い時代に育ったかもしれません。ですが今は違います。お子様に少しでも「コンプレックスを抱えることなく健康的な人生を送って欲しい」とお考えであれば、早めにご検討ください。まずは歯科医院にて口の検査を受けられることをおすすめします。

なお、当サイトでは治療をスタートするおすすめ時期や料金、装置の種類やメンテナンス方法などの情報を掲載しています。お子様の歯並びについて真剣にお考えのお父さん、お母さんはぜひご覧ください。